自分の匂いが分かる方法ってある?これなら自分の匂いはわかります。

どうして自分の臭いは自分でわからない?

悩み男性

 

クサイ!

 

そう言われても本当にそうかな?と思うぐらい本人は気づきません。

 

体臭はいい匂いでもクサイ臭いも自分ではなかなかわからないことがよくあります。

 

この理由は自分の臭いに鼻が麻痺しているからというのが原因です。

 

男性でも女性でも同じですが、自分の臭いはなかなか気づきません。

 

例えば自宅
自宅にも臭いはあるのですが、毎日生活していると家の臭いに気が付かなくなります。
ちょっと汚い話ですがトイレでう○ちをするときにも最初はウッッと思ったとしてもだんだんと自分の臭いなら慣れてきます。
男性も女性も自分の臭いや長時間いる場所の臭いは鼻が麻痺して慣れてくるということがあります。

だから自分から放たれている臭いはなかなか自分ではクサくてもクサイ!と思うことは少ないんです。

自分で自分の臭いをわかるようにするには?

お風呂

自分で自分の臭いをわかるようにするには、鼻の麻痺をリセットしてやることです。

 

具体的に言うとまずはお風呂

 

お風呂に入る前に自分の体臭が染み付いた衣類をビニール袋などに入れて臭いが拡散しないようにしておきます。

 

そして体臭を落とさないといけないのでお風呂に入って身体を徹底的に洗ってやり臭いの元を取ってやります。

 

しばらくお風呂に入って湯船に浸かっていると自分の臭いもとれているのでだんだんと鼻の麻痺が取れてきます。

 

出来れば30分ぐらいお風呂にゆっくり入って鼻の麻痺を取ってやりそれから衣類の入っているビニールを開いて臭いを嗅ぐと・・・

 

どういう臭いがするかはわかりませんが、それで衣類から臭ってくるのが自分の臭いということになります。

 

もしそこで「ウッ」っとするならそれがずっとクサイ!と言われている臭いということです。

 

加齢臭や悪臭と言われる体臭の臭いならしっかりとケアして消臭していきたいですね。