体臭が改善できる食べ物はどれがいい?体臭にが悪くなる食べ物は?どれ?

体臭が改善出来る食べ物、体臭が増える食べ物まとめ!

食物

汗や年齡による加齢臭以外にも食べ物によって体臭がキツくなったり抑えられたりすることがあります。

 

食べるときにはすごく良い匂いがして食欲をそそる食べ物でも、胃に入ると消化活動が始まりその時に様々な臭いが発生します。

 

トイレにいってお○らやう○ちなどの排泄をする時にクサイなぁと思う臭いの原因は食べた食物を消化した時に出る臭い

 

 

普段の状態であれば身体からおならや排便などで臭いも一緒に排泄されるのですが、臭いの元となる食物が多い場合は排泄で処理しきれずに血中に流れていきます。

 

身体の毛穴から臭いを出して身体をキレイにしようとするんですね。これが食べ物によってクサイと思われる体臭の原因です。

 

もちろん、食事でも汗による体臭や加齢臭のクサイ臭いの原因を助けていることもあります。
食生活を見直すだけでも体臭が減少する、無くなるということもある話、体臭改善できる食物と体臭が増える食べ物をまとめていきます。

 

 

体臭が増えてしまう食べ物は?

肉全般

肉

体臭が臭う代表格は動物性たんぱく質、肉です。

 

肉に含まれている動物性たんぱく質を分解するときに強い臭いを出し、体臭を強くすると言われている食べ物です。
他にも肉に含まれている脂肪分にもたんぱく質と同じ強い臭いを出すし、皮脂の量が増える原因にもなります。

 

脂肪分といえばチーズや牛乳などに含まれているたんぱく質や脂肪も同じ効果あると言われています。
もちろん肉は必須アミノ酸を摂取できる貴重な食料です。食べないというよりも食べる量を調整したほうが体臭は減少していきます。

油

サラダ油や植物性の油、これらに含まれるリノール酸が入っている油は体内に入ると過酸化脂質というものになり、脂肪酸などを作り出す原因になります。
油?というとそんなに摂取していないイメージですが、マヨネーズやドレッシング、ポテチに含まれている油、揚げ物系にはだいたいこのサラダ油は使われています。

お酒

お酒

お酒に含まれるアルコールを身体が分解するときにアセトアルデヒドという成分を身体に作り出します。

 

肝臓で分解されて尿素として排出される程度のアルコール量だと臭いがするということはそんなにありませんが、一時的に大量に飲んでしまい処理するのが難しくなるとアセトアルデヒドはそのまま血液に入り汗と一緒に皮膚から排出されたり、肺に送られると口臭として排出されていきます。

 

お酒を飲んだ翌日の朝に酒臭い・・・というのはこういうことが原因です。

 

 

 

 

体臭が改善できる食べ物は?

クエン酸を多く含む食べ物

レモン

他にもクエン酸には汗と一緒に排出されるタンパク質を抑える働きもあるので体臭を改善できると言われています。

 

代表的なクエン酸を多く含んでいる食べ物は

 

レモン、アセロラ、梅干し、黒酢、リンゴ酢
等です。

 

特にレモンやアセロラといったビタミンCが多く含まれている食べ物は年齡が高くなると増えてくる活性酸素を抑制してくれる力を持っています。
活性酸素が増えると病気の原因にもなり、皮膚から出る加齢臭の臭いの量も増えてきます。

野菜

野菜

緑黄色野菜と言われている野菜には食物繊維が豊富に含まれていあす。
食物繊維は腸の調子を整え排出してくれるので体臭改善にも効果があると言われています。

海藻類

昆布

昆布、ワカメ、もずく、めかぶ等の海藻類に含まれているフコイダンという成分が体内のアンモニアなどの臭いの成分を排便で一緒に取り除いてくれる効果があります。

 

食べ過ぎ偏食はダメ!

ダメ

体臭が気になりだすとなんとか早く体臭を消そうと思ってそれしか食べないということをする人もいますがこれは間違い

 

いくら臭いの元に肉がなるといって肉を食べないのは必要なタンパク質や脂質、必須アミノ酸等の栄養が取れなくなってしまいます。

 

必要な栄養はしっかりと摂った上で肉が食べ過ぎと思ったら量を減らす、野菜を食べてないと思ったら量を増やすと言うバランスが大切。

 

特に身体の中の変化というのは人によってすぐに効果が出る場合もあるし、時間がかかる場合もあります。
とりあえず即効性を求めるなら消臭スプレーや体臭を抑える石鹸を使って臭いを取り除いておきながら食べ物も少しずつ改善していくというのがベストです。