体臭で対策なら石鹸を使うか?ボディソープを使うか?どっちが体臭には効果的?

体臭対策には石鹸とボディソープどちらが効果的なのか?

ボディシャンプー

身体を洗うのに固形石鹸と比べてとても便利なボディソープ

 

ボディソープが最近はすごく流行っていて、スーパーを見れば石鹸よりもボディソープの品揃えも多いこともしばしば

 

固形石鹸を使って身体を洗うのは当たり前と思っている人にはちょっとびっくりしてしまうような状況になってきています。

 

体臭の観点で考えて固形石鹸とボディソープ、どちらが体臭に効果的なのか考えてみましょう。

 

 

固形石鹸とボディソープどちらが体臭には効果的?

石鹸

体臭の原因になる皮脂や汚れがよく落ちるのはボディソープと固形石鹸とどちらが効果的なのか?というとこれは固形石鹸がボディソープよりも汚れは落ちます。

 

ボディソープには固形石鹸と違い合成界面活性剤というのが使われているのですが、この成分が入っているので保湿成分等様々な成分を混ぜなければいけないので固形石鹸と比べると多く色々なものが混ざっているので洗浄力が落ちています。

 

その他にも固形石鹸はアルカリ性、ボディソープは弱酸性と言うタイプが多いですが、身体の皮膚は弱酸性です。
もちろん、臭いの元になる垢や皮脂も弱酸性、これをキレイに洗浄するには弱酸性よりもアルカリ性の固形石鹸のほうが皮脂や垢を中和して落としてくれるので汚れも石鹸のほうがよく落ちます。

 

もともと汚れを落とすのはアルカリ性、ボディソープは酸性なのでそれだと汚れが落ちにくいので合成界面活性剤を使って汚れを落とすようにしているようです。
皮膚は弱酸性なら同じ酸性のほうがダメージはなさそうに感じますがこれもその通り!とは一概には言えません。

 

男性チェック

アルカリ性の石鹸を使ったから皮膚にダメージありそうに感じますが、きれいに洗い流せば石鹸の成分は流れ落ちますし、そのあとに身体はまた弱酸性の皮膚の状態に戻るのです。

 

逆に合成界面活性剤入のボディソープは身体を洗っても固形石鹸よりなかなか洗い流せないので皮膚に残ってしまうとアレルギーの原因になったり汚れてしまうと臭いの原因になるとも考えられているようです。

 

コスト面等は体臭改善とは関係がないので触れずにおきますが、体臭の原因になる汚れや垢だけを考えてみると固形石鹸に軍配が上がります。