加齢臭が臭う季節があるって本当?加齢臭が強くなる時期とは・・・

加齢臭は臭う季節がある?

加齢臭は年中臭いがあるのですが、季節ごとによって臭いが多くなりやすい季節、逆に減りやすい季節があります。

 

暑い季節は汗をかきやすいから夏かな?という暑い時期に臭いがきつくなりそうと想像してしまいますが汗が原因の体臭なら暑い時期ですが加齢臭になると別です。

 

実は加齢臭は暑い時期よりも寒い時期に気をつけないと臭いがキツくなってしまいます。

 

 

加齢臭を気をつけるのは秋から

秋

加齢臭は汗をかいたから臭いが出るというものではなく、ヘキサデセン酸による皮脂の酸化、分解によって臭いを出します。

 

皮脂の量は年間を通じてみても夏は量がものすごく多く、冬になると一気に減るということはありません。

 

どちらかというと年間を通して一定量以上出ているという成分です。

 

秋なるとだんだんと寒くなってくるので服を着る量が増えてきます。夏はYシャツだけだったのに冬になるとスーツやコートを羽織ります。

 

そうなると加齢臭の臭いがこもってしまってますます強い臭いに感じるようになるようです。

 

特に、寒い時期になると汗をかいていないからお風呂に入らないということをしてしまったり、夏は意識して加齢臭ケアをしていたのに寒くなってきたから大丈夫だろうと油断してケアを少しだけ手を抜いてしまいやすくなりやすい季節

 

加齢臭は汗をかかなくても出てくるし加齢臭の元のノネナールも作られ続けています。

 

寒くなってくる季節こそ気をつけないといけない時期になるので加齢臭を取り除く石鹸などを使いしっかりとケアしていくことが大切です。

 

ちょっと手を抜いたらすぐに加齢臭は・・・・やってきます・・・やっかいです・・・