加齢臭の対策方法で良い方法は?その前に加齢臭の原因て何?

加齢臭の原因って?対策方法はどうすればいいのか?

中高年体臭

加齢臭というと年齡を重ねると出るというイメージですが、その加齢臭の原因は一体何が原因であのクサイ臭いを出してしまうのか?

 

加齢だけでなるのであれば、年輩の人は全員臭いがするということになります。

 

でも、加齢臭がキツイ人もいれば、加齢臭がしない人もいる。

 

その違いと原因、対策方法を調べてみました。

 

 

加齢臭の原因は何?

皮膚の中

加齢臭の原因はノネナールという成分から嫌な臭いが放出されます。

 

ノネナールが作られる原因はヘキサデセン酸という酸が原因

 

ヘキサデセン酸は簡単に言えば脂肪酸みたいなもので、私達の皮膚の中にある皮脂を酸化、分解させることによってノネナールを作り出します。

 

ヘキサデセン酸は若い頃はあまり無いのですが、加齢とともに増えてきて個人差はあるようですが、だいたい40代頃から爆発的に増えてきます。
しかも、年齡とともに新陳代謝が低下するので毛穴の中に皮脂がたまりやすくなっていきます。

 

そうなると、ヘキサデセン酸によってますます皮脂が酸化、分解されていくので自然と臭いの量も増えていくのです。

 

統計データでは30代後半の人の加齢臭は10%〜20%未満ですが40代を超えてから一気に80%以上というデータもあります。

 

本人は気が付かないだけで実際のところ加齢臭の強弱はありますが、少なからず40代過ぎの男性は加齢臭の症状があると考えれられるようです。

他にも活性酸素が原因とも言われています。活性酸素は増えてくるとシミ、シワ、ガン、糖尿病、動脈硬化といった病気を引き起こす原因と言われていて人間の身体を酸化させる成分です。

 

もちろん活性酸素が作られても私達の身体は酸化を防止する機能も備わっていて、ビタミンやタンパク質等様々な成分が活性酸素を消してくれるようになっています。

 

しかし、年齡とともにこの活性酸素を止めるシステムの動きも弱くなってきてだんだんと活性酸素が増えてきます。

 

活性酸素が増えると過酸化脂質が増えるのでヘキサデセンの酸化速度がますます増え、ノネナールを増やす原因になると言われています。

 

加齢臭の対策方法はどうすればいいか?

男性チェック

加齢臭の原因であるノネナールはヘキサデセン酸による皮脂や過酸化脂質の酸化や分解によって引き起こされます。

 

ということは皮膚にある皮脂を取り除いてやったり活性酸素を作りにくい状況をにしてやれば加齢臭の臭いは減ると考えられています。

 

活性酸素を増やすと言われているタバコを控えてお酒も控える、肉や揚げ物といった高タンパク高脂質の欧米食から低脂質で食物繊維が多く含まれる和食を食べるようにしたりすることも加齢臭の減少につながりますが

 

ヘキサデセンが酸化、分解させる皮膚のなかにある皮脂をしっかりと取ってやることも加齢臭の臭いを減少させます。

 

皮膚の中の皮脂は加齢臭専用の抗菌石鹸もあるのでノネナールの元のになる成分を根こそぎ取り除く殺菌、抗菌のケアをしてやることで加齢臭の対策に効果的です。