体臭と病気の関係はある?もしかしてその臭いは病気かも?

体臭と病気の関係性は?体臭でわかる病気はある?

病院

病気が原因で体臭がしてしまうということがあります。

 

原因は病気によって様々ですが、例えばガン患者さんは特有の臭いを発生させるというデータがあります。

 

そのため、ガンの早期発見に臭いを使ってチェックできないか?という研究も行われてきています。

 

人間の体臭は病気と密接に関係していて、それはなぜかというと別に不思議な話ではなく、病気によって体質が変わるので臭いが変わるのは自然なことなのだそうです。

ちょっと臭いがしたからといってすぐに病気と決めつけることは出来ませんが急に臭いが出てきたりしてしばらく続いているようなら病院で検査してもらうのも1つの手です。

 

病気が関係している体臭は?

病気が原因で体臭の原因になるのは次の病気と言われています。

 

甘いまたは甘酸っぱい臭い 糖尿病
おしっこのようなアンモニア臭 肝臓の病気、体の疲労
カビ臭 肝臓機能低下
卵が腐ったような臭い 胃腸の病気
便の腐敗したような臭い 便秘
ローソクのようなほこり臭い 加齢臭
魚のような臭い 魚臭症

ナース


 

 

もちろんこの臭いがするからすぐに病気?ということはありません、普段のちょっとした体調の崩れによって出てしまう臭いもあるからです。

 

例えば、アンモニア臭は深酒をした次の日にも臭いがすることもあるし、仕事の追い込みで残業が続いた極度の疲労でも臭いが出ることもあるからです。

 

ただ、何も無いのにいつもと違う強い臭いがしている・・・と言う場合には自分でも家族でも病院に行き医師の相談を受けて検査をしておくことが病気の早期発見につながります。