足のクサイ臭いを消す方法!足の臭い改善方法はこれ!

足のクサイ臭いを消すにはどうすれば?

足のクサイ臭いの原因はバクテリアや雑菌の増殖や汗の分解によるものが原因です。

 

そう考えると足の臭いというのは汗は出てしまうのは仕方ないので止めることは出来ませんが

 

汗が出た後、どうやってバクテリアや雑菌を増殖しやすい環境を無くすか?によって足の臭いは消すことが出来ます。

 

足の臭いの消し方は?

靴の洗濯

足の臭いの対策方法はどうやって汗が出ても蒸発させる環境を作るか?になります。

 

同じ靴を毎日履かないで2足3足と履き回す習慣をつける、一度靴に染みた汗を綺麗にとるにはだいたい2〜3日かかると言われています。

 

 

 

  • 靴をビニール製等の通気性の悪いものから通気性のいいものに変えてやる。
  •  

  • 靴下を足の指が入るタイプに変えてやり、汗が足の指の間から出てもすぐに靴下に吸わせてやる。
  •  

  • 靴の中の中敷きを消臭性の高いものに変えてやる、また中敷きも数日に1回は洗うようにする。
  •  

  • 下駄箱の中に靴を入れるとせっかく水分が蒸発しようとするのに風の流れがなく乾燥が遅いのですぐに下駄箱に靴を片付けない。
  •  

  • 靴を使った後は汗を吸い取りやすくするためにまるめた新聞紙など水分を吸収してくれるものを靴の中に入れておく

 

などなど、普段からちょっと気をつけて靴と足の汗を蒸発させやすくする工夫をしてやれば足の汗を出すバクテリアや雑菌の増殖や分解が少なくなり結果的に足の臭いは消すことができます。

 

雑菌、バクテリアの増殖自体を抑えるにはどうするか?

雑菌

雑菌やバクテリアの増殖を抑えるには抗菌してくれるものを使えば増殖を抑えることが出来ます。

 

例えば、消臭性の高いスプレーには抗菌作用が含まれているものもあり、雑菌やバクテリアの増殖を抑えてくれます。
ただ、臭いだけを抑えると言うタイプのものもあるのでそれだと臭いは収まっても雑菌やバクテリアは増えてきますし、汗の分解も続けています。

 

効果が切れたら一気に足から臭いが出る!ということもあるので、抗菌作用が高いものを使ったほうが確実に効果が高いと言えます。

足の効果的な抗菌は足をキレイに洗ってやること!

足の臭いの消し方の基本はとにかく足を洗ってやることです。

 

雑菌も洗うことによって流れていきますし、足を洗うと皮脂の汚れも取れるので汗以外の皮脂を分解してクサイ臭いをだす雑菌やバクテリアも増殖できない環境が出来ます。

 

ただし、洗いすぎには要注意、必要以上に何度も洗うと皮膚を傷つけてしまう可能性があるので洗う回数は少なく、効果的に洗ってやるように意識するのがコツです。

 

洗うコツは?
  • 足にある角質も雑菌やバクテリアの増殖の原因になるのでしっかりと落としてやる
  •  

  • 皮脂をキレイに落とすには皮膚の毛穴が開いた状態が落ちやすいのでシャワーだけで済まさずにオフロに入って毛穴を開いてから洗う
  •  

  • 抗菌、消臭効果が高い石鹸で足を泡だらけにして2〜3分放置して泡パックをしてやる

 

などなど、抗菌性の高いものを使ってしっかりと汚れを落とすということを意識してやれば足の臭いを消す事はできるようになります。

 

毎日の足のケアでどれだけ気を使ってやるか?普段のちょっとした事で足の臭いはかなり減りますよ。