汗が臭い・・・この原因って何?汗の臭いの対策方法はあった!

汗がクサイ!この原因と対策ってどうすればいい?

体臭男性

汗がクサイ・・・汗が出れば出るほど汗臭いかな?と思って汗をかくことを考えてしまいます。

 

特に夏になるとムワッとした季節で汗もたくさん出るし臭いが出てくるかも?と思うとイヤですよね。

 

しかし、汗自体には臭いというのはほとんど無くどちらかと言えば無臭です。

 

では、汗臭いというのはいったいなにが原因なのでしょうか?

 

 

私達が汗をかくのは毛穴から出てくる水というイメージですが、大きく分けて汗は2種類に分かれます。

 

皮膚毛穴

 

まず、汗は汗腺という腺から出てくるもので、

 

ほぼ臭いを出さない水のような汗の成分を出すエクリン腺

 

少しネバっとして独特の臭いを出す汗の成分を出すアポクリン腺という2種類の汗があります。

 

アポクリン腺はワキの下や陰部の周りに多く独特の臭いを出します。この独特の臭いはアポクリン腺から分泌される汗の中には尿素やアンモニア、脂肪などが含まれていることが原因です。

 

エクリン腺は身体全体に散らばっていて汗の多くはこのエクリン腺から出てきます。アポクリン腺と違ってエクリン腺は無臭の汗を出すので腕や足、胸やお腹まわりから出る汗というのはかいたばかりであれば無臭です。

 

では、どうして汗臭いということになるのか?というと身体には雑菌、バクテリアといった身体に常駐している菌がいます。その菌が汗の水分を手にすると汗を分解し増殖していきます。
私達が出した汗を食料にして増えていくといったイメージですね。

 

普通の状態だと雑菌やバクテリアは数が少ないので私達の皮膚にいたとしてもそんなに臭いを出すことはありません。
しかし、汗が出ると雑菌やバクテリアが増殖する環境と食料が揃うので一気に増殖していきます。その雑菌やバクテリアが増殖すれば汗の成分を分解する量も増えるので自然と汗の臭いがクサくなっていくのです。

 

汗がクサい・・・汗臭さの対策は

汗が臭くなる原因は雑菌やバクテリアの増殖と汗の分解です。
となれば気をつけるのは次の4つのポイント

 

汗をかいたらしっかりと拭き取る。

汗は生きてくために必要なものです。汗をかかなくなればそれはまた違った病気の原因になるので汗を止めるのではなくて汗をかいたら拭きとってやるのがベスト
乾いたタオルで拭き取るよりも水で濡らしたタオルで拭きとったほうが効果が高いと言われています。
着替えの服を使って汗をかいてしまったら着替えるのも効果的です。
着替えるとサッパリするし気分も良いですよ。

消臭スプレーを使って臭いをシャットアウト

臭いの成分を集中的にシャットアウトするスプレーもあります。
少し前までは香水がポピュラーで香水の香りと汗の臭いが混ざってすごいことに・・・ということもありましたが
最近の消臭スプレーは無臭タイプも多く、臭いの成分だけを取り除いてくれます。

食べ物を普段から意識する

食べ物によって体臭が強くなったり弱くなったりします。(詳しくは体臭が改善できる食べ物はどれがいいのページを参考にして下さい。)
汗をかいたときにも体臭がキツくなる食べ物を多く食べていた場合と食べていない場合でも汗の臭いは変わってくるので
普段から意識しておくと汗をかいたときの臭いが違ってきます。

普段から体臭に効果がある石鹸で身体を洗う

普通の石鹸と違い体臭対策に効果がある石鹸は専用に作られているので体臭改善効果がすごく高いです。
身体の雑菌やバクテリアをキレイに除去してくれ、抗菌作用もあり、体臭の原因の1つと言われている皮脂も根こそぎ取ってくれます。
汗をかいたときにも普段この石鹸を使っていれば体臭の臭いはまったく違うので効果的です。